忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
★2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/03/21 (Fri)

対人関係がうまくいかない時期があって、人を避けるようになった。
個人的な付き合いの中で、「文化」の違いが厚い壁となった。
アスペルガー症候群のような症状が幼い頃からたくさんあって、個人個人が個性的というレベルを超えて、変わった子供だったようだ。

しかし、わたくしの仕事は保険代理店で毎日のように人に会ったり、電話で話したりする。
まあ、そういう付き合いなら何とかこなせたのかもしれない。

結局、昨年ガンになって、いわゆる外回りが出来なくなり、電話でのやり取りが生命線となった。
毎日、ほとんど外出せず、銀行や郵便局、自分お買い物のためのスーパー通い。
それらがほとんど一箇所に集まっているので、昼頃一度出かければ用は足りる。

郵便配達や、宅配メール便などが主な来訪者だ。

そうして日長、事務所兼住宅にいて、好きなジャズやらブルースを聴いて、過ごしている。
隠遁者のように、ほとんどの個人的な付き合いを避け、「避難所」で暮らす毎日。

楽しい映画や笑いの絶えない面白いものを観ながら、免疫力を上げ、ガンと闘う。
「避難所」暮らしも中々いいものだ。


PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★無題★
私が40代半ばすぎに一時、失業した時に、自分捜しになった。と言えば聞こえが良いが、実体は職業捜し。スーパーで安い物を探したり、近所周りがせいぜいの行動範囲の狭いこと。その時の避難所は図書館。図書館で読んだ将棋世界で詰将棋を思い出して、永く仕舞ってあった、かや盤の芳香や美しさで安らぎを保てましたね。
通行人B 2008/03/22(Sat)08:00:50 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao