忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
★2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/05/17 (Sat)
毎日、毎日、苦しい状態が続いている。
この苦しさは、がん患者特有のものなのだろうか?
脂汗が吹き出て、「違和感」が身体を吹き抜けてゆく。
その恐ろしい風が、ぼくの体を吹き抜けるのをじっと耐える。
そこで負けてはならない。
嵐のような、渦を巻いてやってくる「違和感」の風。

この「違和感」というのは説明が難しい。
ガン性疼痛を防ぐ、麻薬。
いまは、オキソコンチンの錠剤、オプソの水溶液、デュロテップパッチの貼り薬。
これがぼくの人間性を保ってくれるギリギリの薬剤たちだ。

ぼくはこれを愛する。
ぼくが、唯一ぼく自身を取り戻せる魔法の薬剤。

そして、このぼく自身をぼく自身であり続けさせてくれるこの薬がもたらす「違和感」。
この薬剤は、食欲の不振、便秘、意識障害、吐き気、排尿障害・・・をもたらす。
そしてそのもたらされた幾多の副作用は、自分が自分に重ならない「違和感」をもたらす。

ぼくはこれを憎む。
ぼくが、唯一ぼくが地震を失わさせる悪魔の薬剤。

麻薬との付き合いは今始まったばかりだ。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★無題★
関西の夜(ホステス・コンパニオン・フロアレディ・ドライバー・ホールスタッフ・ボーイ・黒服・ホスト)のバイト情報満載!
http://www.b-s-l.jp/m/
http://osaka.oiran.org/
http://www7a.biglobe.ne.jp/~it-studio/
アルバイト求人 大阪京都神戸bsl URL 2009/02/25(Wed)21:20:59 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao