忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]
★2017/05/26 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/02/13 (Wed)
毎日のように、メディアを通じて悲しい事件が報道される。
その度に、こんなひどいことが許されていいのかと思うだろう。

しかし、わたくしはそう思わない。

悲しい事件がこれほどまでにあるのは、もともとわたくしたち人間は、今のような自我の組成のままで、倫理的道徳的な規範の下に行動することがむずかしいからだ。

だから、規範そのものに無理があると思う。
元々守れない物を作ったのは、己を知らない愚かさを露呈している。

例えば、教育者が次々とセクハラで逮捕されたり、首になったりするのは、最初の頃は騒がれたが、いまではさほど騒がれないくらいに多くなった。

これは、接触する機会が多いからで、つまりは、目の前にチャンスがあれば、規範も何もあったものじゃない。

そこで、わたくしが考えるのは、理想の規範を考える前に、日ごろわたくしたちが、どのように行動しているのか?
それを下に規範を決めると言う方法である。

例えば、セクハラの例で言えば、教育者であろうと誰であろうと、セクハラに及ぶと考えて、行動に規制をかけるやり方だ。

このように、するとがんじがらめになるようだが、女性専用車両などはそのような考えに基づいている。

給食費未納なども、その一例で、遊ぶ金はあっても、給食費は払わないという親が多くいる。
ならば、払わない家庭のこどもには、給食を出さないと言うのもこの思想に基づいている。

このようにしていくのは、報酬や入手するものは、常に何かの労働や対価に対応すると言うやり方に通じている。

これは現実の人間に対してもっとも効果的な手法であろう。

悲しいかな、このようにしないといけなくなったのは、自分の思想、自分の家庭、自分の領域をあまりに大切にしすぎた、現代人の末路だと思うが、どうだろうか?
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao