忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55]
★2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/03/31 (Mon)
音楽を楽しんでいる。
バンドを組んでコンサートをしたり、作曲をして録音したり。
そうしていると、音楽仲間が出来る。

バンドを組んでいる人々は、創造性に飛んでいて、スタジオに入るたびにいろいろなアイディアが飛び交い、それを実現するために、一所懸命練習してくる。

作曲も、新たな挑戦として試みている。
既成のものの焼きなおしや、どこかで聞いたようなものであってはつまらない。

そうして音楽にかかわってくると、「知っている人」がいる。
様々なバンドのねた話や、音楽的にいかにも知っている人たちだ。
プロと知り合いだったり、そういうサイトに出入りして、批判的なことも書いたりするが、自身は作らないし、楽しまない。
何が面白くて、そんなことをするのかは、わたくしにはわからない。

詰将棋が面白いと思ったら、もう作っていたし、音楽も聴きだした頃と作り出した頃は同じ頃だ。

もちろんこの世には様々な人たちがいて、それぞれに役割を持っていて、批判的な記事を書くことが仕事だったり、解説したり、知っていることを共有化することも大切なことだとは思う。

ただ、わたくしはそういうことを選ばなかっただけ。
そして、あれこれの知識を「知っている人」の話を聞いているよりも、すぐにコーラスをつけたり、ギター片手に一緒に歌ってくれる人と、音楽の時間を楽しんでいるほうが数百倍楽しい。

音楽の知識は全く知らないが、音楽を楽しむことをわかる人といると実に楽しい。

詰将棋も長らく解説をしてきたが、あれこれ普及のためと思って書くよりも、人をわなにはめるために?いろいろ画策して作っている時間のほうがやはり数百倍楽しい。

どの世界にも、傍観者としていろいろ言う人がいて、それはそれでいいのだが、やはり一緒に楽しむ人が、わたくしには必要だ。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao