忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[93] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82]
★2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/04/27 (Sun)

久しぶりに、詰将棋を作ることにした。
ネットで、毎週水・土の夜10時頃から詰将棋の作品を出題して、みんなに解いてもらう。
そういうところが将棋倶楽部24にある。

そこで、わたくしの新作?(未発表だが28年位前に作ったもの)を発表したのが、きっかけ。
しかし、わたくしの場合、普段は7手詰みも解けないので、「将棋の脳」にするのに時間がかかる。
いったん、エンジンがかかれば、スイスイと読んでいくことが可能なのだが、歳をとるにつれ、このエンジンがかかるまでの時間が延びていることに気がついた。

また、わたくしの場合、こんなことをやりたい、あんなことを描いてみたい、と言う風に狙いを決めて作るので、あまり失敗がない。
ただし、そうやって実現したいことが、そもそも無理なことだったり、思い通りに描けて満足していたら、その思いそのものがあまり人にとって魅力的でなかったり、とやはりむずかしい一面がある。

この間も、一風変わった作品の構想を練っていた。
玉の軌道上に詰方の駒があって、通常の追い方をすると、その駒をパクられ、それを合駒されて詰まなくなる。
そこで詰め方は駒損をしてまで、その軌道上の駒を逃げておき、後々の合駒を制限して詰まそうと言うもの。
実はすでにこれにはわたくし自身の作例があるのだが、35手でしかも超ややこしい。

簡単で面白い短編に出来ないかと、考え中である。

それにしても作るのは大変だ・・・。

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao