忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65]
★2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/04/10 (Thu)
わたくしは、末期がんの患者だ。
ステージⅣの大腸ガンと診断され、直腸上部とリンパ・腹膜を手術で除去し、その後肝転移と腹膜播種が見つかり、しかもスキルスタイプの粘液がんのために、肝転移は手術出来ず、腹膜播種もがん性腹膜炎を起こし、その痛みのための麻薬を飲んでいる。

普通ならとっくに緩和ケアの段階で、ホスピス行きだろう。
しかし、わたくし自身もわたくしの主治医も、長い延命の果てにどこか治るだろうと高をくくっている。

こういうわたくしを見て、ほとんど多くの人が驚く。
いわく、怖くないのか?スゴイ精神力だ・・・、どうしたらそう前向きでいられるのかと。

たしかに、こういうわたくしでも、朝から晩まで「がん」のことばかり考えていた時もある。
さすがに命のともし火があと数ヶ月などという物騒なことになると、心もとらわれてしまう。

そうしたときに、「少量抗がん剤治療」に出会う。
抗がん剤を使うには使うのだが、がんの消滅や縮小を目的にした標準抗がん剤治療に比べて、患者の延命だけに焦点を絞った治療なので、希望が持てる。

がんとともに生きて、がんがあまり大きくならないようにコントロールする。
ただし、がんを殺そうと躍起になって、抗がん剤を大量に使うのは×。
あくまで、延命だけを考える。

この治療のもうひとつのテーマはQOL(生活の質)を下げないことだ。
抗がん剤治療は、常に副作用との戦いである。
なぜなら、抗がん剤はがんを殺す薬ではなく、がんも殺す薬なのだ。

従ってわたくしたちの生きていく上での大切な細胞も殺してしまう。

ここに一つのイメージがある。

抗がん剤治療⇒恐ろしい副作用⇒これを克服した人⇒がんから助かる人

このイメージに沿った、TV番組や出版物、映画、・・・
それらはすべて間違っている。

抗がん剤治療で重要なことは、副作用を避けることなのだ。

事実、わたくしを始めとして、今通っているクリニックに患者のほとんど多くは、ガンセンターや大学病院などで、余命の切符を切られた人々である。
にもかかわらず、患者のはこのクリニックに何年も通っている。
どうしてなのか?

それは標準抗がん剤治療にこだわらず、あくまでその人個人個人に合わせたオーダーメードの抗がん剤治療を行っているからだ。

そういう、すばらしい治療を受けて、わたくしは今奇跡を起こそうとしている。
一年も持たないとされたわたくしのがんが縮小し始めている。
少なくとも、腫瘍マーカーは何と下がり始めた。

ここで、先の「前向き~」という話になる。

わたくしがいつも「前向きでいられる」のは、大した理由があるからではない。
むしろ、反対にこれを読んでいるほとんどすべての人に尋ねたい。

「後ろ向きに考えることによって得られているものがあるはず、それは一体なんだろうか?」

後ろ向きに考えるのは、不安だからではなかろうか?
そういう不安を先取りして、不安の恐怖を払拭したいからではなかろうか。
ところが、本末転倒なことに不安を払拭したかったくせにますます不安が募るだけなのだ、その方法は。

前向きな気持ちと言うよりは、そういう選択しか冷静に考えればなかったと言うことになる。

驚いたことに、そうやって前向きに考える人ほど、がんが治っていく傾向がある。
まさかこの科学の時代に、と思ったが統計的な事実であるらしい。
まあ免疫力とは本来そういうものなのかもしれない。



PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao