忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
★2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/10/01 (Mon)











<第1図>



初期の作品。
ほとんど詰将棋を作ったことがなかった。
なるべく中合や機械的な面白味のあるものをと考えていた。

この作品もずいぶんやさしいが、町道場の五段クラスが悩んだものだ。
打歩詰⇒不成と言う固定観念からいったん離れないと中々解けない。

がんの宣告を受けて、わたくしの持ち時間がそう長くはないと悟った。
しかし、精密な検査結果が出ていない現段階では、半年なのか十年なのか、まったくわからない。

これにも困ったものだが、何しろ病院は混んでいる。
「進行がんだね」と言われたあとに、手術は11月上旬と言われたのが、9月26日。
冗談じゃない、それまでにあちこち転移したり、進行したらどうするんだとたずねたら、「どこでも約3週間から4週間は待たされますよ」・・・

設備もあって、医師もいる。
なのに進行がんは放っておかれる。
しかしみな待っているのか、ならば仕方がない。

都会にいるのに、まるで砂漠の野戦病院のようなところだ。
日に日に、腹痛や腰痛まで広がっているようだが、本当にわたくしは大丈夫なんだろうか?


PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao