忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
★2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/12/24 (Mon)
生きていると言うことは一体なんだろう?
抗がん剤の治療で、苦しい毎日を送っている人々がいる。

夜中に何度も下痢で目が覚め、間に合わないで家族に迷惑のかけっぱなし・・・。
口内炎がひどくて、ものが食べれないどころか、息を吸うだけで痛い。
嘔吐感が強く、食事が入らない。
脱力感がひどくて、毎日ほとんど寝たきりの状態になっている。

こうしてQOL(Quality Of Life)生活の質を奪われてまで、延命することの意味が問われる。

ほとんどの末期がんの患者さんが思うことだろうが、何とか延命に延命を重ねて、夢のような治療法が確立されて、晴れてガンから解放されて、元の生活に戻る、という「ものがたり」を描くだろう。

そのためには何が必要なのか?

がん患者の話でよく聞くのは、余命を超えて何年も生きた人の話だ。
奇跡と言われ、その話にサプリメントが効いたとか、温泉が良かったとか、そういう話には枚挙に暇がない。

しかし、実際に余命を超えて生きた人、あるいは生きている人はたくさんいて、良くみれば奇跡でもなんでもなく、低いではあろうが、確実にそういう人が出現する割合が存在する。

そういう人々は、そうでない人々とどこが異なるのか?

(続く)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao