忍者ブログ
詰将棋作家の見た世界
  ★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  ★ カテゴリー
  ★ フリーエリア
  ★ 最新CM
[09/01 むらた]
[07/13 なお]
[03/28 noname]
[03/28 NONAME]
[03/28 noname]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
首猛夫
性別:
男性
職業:
怪しい金融業
趣味:
詰将棋創作 音楽演奏
自己紹介:
昭和31年9月、東京生まれ。
詰将棋作家集団「般若一族」の生き残り。
詰将棋創作以外に、作曲(約100曲くらい)音楽演奏(ベース)。
人間についても、自閉的観点からいろいろ考えている。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
★2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/07/16 (Mon)
わたくしは、詰将棋を作るに当たって、まずテーマを決めておく。
例えば、「逃げ駒」という概念を考えて作ったことがある。

詰将棋を知らない人には専門的でわかりにくい話で恐縮。

玉方が逃げていく途中で、詰方の駒を「拾って」いく。

つまり玉の軌跡の途中に詰方の駒が落ちている。
それを逃げる際に、取られる。

そしてその駒をその後、合駒に使われて、詰まなくなってしまう。

そこで、その玉の軌道上にある駒を、様々な犠牲を払ってでも、あらかじめ
逃げておく。
払った犠牲よりも、逃げておいた効果のほうが高ければ、作品になる。

実際この作品は出来上がって、それなりの評価は得られた。

こういう風に、テーマや理屈が定まってから、作るのがわたくしの作風で
偶然出来上がったものは皆無に等しい。
機械的な手触りがするとの評価をもらうのがわかる気がする。


その場合、いちばんむずかしいのは、その理屈に合った「エンジン」を見つけたり
探し出したりすることである。
作るというよりは探すという表現の方があっている。

「エンジン」とは詰将棋の規則にのっとって、駒が動き出してくれる、そのような配置を指す。

「エンジン」が最小の駒数配置で最大の効果が得られたときには、間違いなく好作となる。
そのような「エンジン」を早く見つけられるようになるには、おそらく膨大な経験値が必要だと思う。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao